iAUDIO U7の購入は大失敗だった。

iAUDIO_U7.JPG

久々の更新になってしまいました。
今回は韓国メーカーのCOWONがリリースした「iAUDIO U7」について書きます。

買う前の期待が大きかったが為に...


私は先日まで約2週間ほど家を空けなければいけない状況になっていたのですが、
その際のお供としてこの「iAUDIO U7」を慎重に購入しました。

なぜ慎重だったかというと、
今まで私は国外メーカーのDAPを購入した事がなかった為に、
韓国メーカーのCOWONをイマイチ信用出来なかったからです。
(結果的にはこの買い物は大失敗に終わるので、信頼感はますます下がった)

以下にこの商品のレビューの動画を張るのですが、
この動画を見る限りこの商品はかなり魅力的に感じられると思います。



私もこの動画を見て期待感を膨らませていましたし、
このページの商品説明を見ても魅力感が溢れていました。

主な長所は上の動画や上記のリンクでも語られていますが、
私は短所に目を向ける事がなく長所ばかりに目がいってしまい失敗しました。

このプレーヤーの欠点と短所とは。


正直このプレーヤーを使い倒してみて、
「本当にこれをMP3プレーヤーと呼んで良いのだろうか?」と感じました。

というのも、欠点や短所があまりにも多く、
それ以上に不具合が解消されていない点が目立ち、
「このレベルで1万円ほどするのは高過ぎないか?」と感じました。

以下にこのプレーヤーの欠点と短所について書いていきたいと思います。

1. ギャップレス再生が出来ない。
今ではギャップレス再生が出来る事が当たり前のようになっていますが、
このプレーヤーでは、MP3等はともかく、 FLACやOgg Vorbisでさえも、
ギャップレスで再生する事が出来ないどころか、
曲の頭出しも不完全にしか行えず、
イントロからきれいに再生する事が一部の曲では不可能になってしまっています。
ギャップレス再生が出来ないのは仕方がないとしても、
曲のイントロが上手く再生出来ないという点は気分の良い物ではありません。


2. パソコン以外では一時間で充電が完了しない。
このプレーヤーの説明書には「スマホ用の充電器でも充電可」と書かれています。
ですが、使っている充電器の電圧などにもよるのでしょうが、
私が試した様々な充電器では一時間では充電が完了しませんでした。
この事に関してメーカーさん(正確には代理店)の方に、
「どんな充電器を使えばフル充電出来るのか?」と問い合わせた所、
以下のURLの商品をを教えて頂いたのですが、
この商品は古過ぎる為に現在では入手困難になっている物なので困惑しました。

・TOPLAND スマートフォン充電器 M4331W
http://www.topland.co.jp/image/catalog/m4331.pdf

3. 15時間30分は絶対に持たない。
この手の商品では「何時間持つのか?」という所は非常に重要な点であり、
どれだけスペックに近い値が出せるのかという所が問題になってきますが、
音楽再生で15時間30分持つというのは少々言い過ぎかなという気がします。
私の使い方にも問題があったとは思いますが、
画面表示を明るさを最大に、バックライトを消えないようにしていたのですが、
この状態では約5時間ほどしか連続して再生する事が出来ませんでした。

バックライトを消して画面の明るさを最小にする事で、
長時間再生を実現させるのでしょうが、
このプレーヤーは画面情報が頼りになってくるので、
そのような使い方には不向きだと感じています。

4. プレイリストが読めない。
このプレーヤーはm3u等のいわゆるプレイリストを読む事が出来ません。
せっかく長時間再生を売りにしているのに、
プレイリストが読めないといちいち選曲し直さなければいけないのですから、
長時間の連続再生の魅力も半減してしまいます。

(一応プレーヤーにはお気に入りに登録する項目がありますが...)

5. サポートセンターの対応のまずさ。
海外メーカーの商品だから仕方がない事ではありますが、
当然、問い合わせは日本で扱っている代理店にする事になります。
しかし、この問い合わせの対応があまりにもお粗末です。
製品に何かがあった場合はsupport@cowon.co.jpに問い合わせる訳ですが、
私がこの製品を購入して使い始めてからというもの、
原因不明の不具合が多々ありましたが、交換返品になかなか応じませんでした。
「これは初期不良なのではないか?」と問い合わせても、
「調査をする」や「韓国のメーカーに問い合わせる」等と言い、
なかなか話が進展しないのにはヤキモキさせられました。


6. まだまだ不具合が残っている。
実際の所このプレーヤーはもうメーカーで製造が終わってしまい、
今後のファームウェアのアップデート等は期待出来ないのですが、
「アップデートする必要があるのでは?」と思わせる不具合が残っています。
その不具合についても書きますが、
このプレーヤーは一度シャッフル再生のモードを選んでしまうと、
一旦プレイモードを全て切らないとシャッフル再生しか出来なくなります。

(例えば、シャッフル再生からリピートに切り替えても無視されるという事)

これだけ多くの欠点と短所を抱えているのですから、
当然、人にお勧めする事は出来ないですし、コスパも悪いと思います。
しかし、不幸中の幸いとでも言うのでしょうか、
前にも書きましたがこのプレーヤーはメーカーで製造が終わり、
店頭に残されている在庫限りの状態になっているので、
今から購入するのは意外と難しい事だと感じています。
ですので、この粗悪なプレーヤーが今後広まる事はないと思いますし、
ネットを見る限り、今現在のユーザー数も決して多くなさそうで安心しました。

このプレーヤーもアイディアとしては面白い物だと思うのですが、
多機能な割にその機能が成熟されてないという部分が目立つ印象でした。


今回の更新はこの辺で終わりにします。


今回はiAUDIO U7というDAPについて長々と書いてしまいましたが、
この記事はこの辺で終わりにしておきたいと思います。

ネットを見ても、このプレーヤーについて情報が少ないですし、
(現在、在庫限りですが)少しでも参考になれば幸いです。
記事の内容はネガティブになってしまいましたが、
今回も読んで下さりありがとうございました。次回もまたよろしくお願いします。

この記事へのコメント