iAUDIO U7に何のイヤホンを組み合わせれば良いのか?

iAUDIO_U7と有線ピヤホン.JPG

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
寒さも幾分か和らいできて過ごしやすい時期になってきたのではないでしょうか。

久々の更新になってしまいましたが...


なんだかんだで更新を疎かにしてしまい申し訳ありませんでした。
これも自分の悪い部分が出てしまったからだとしか言いようがありません。

そんな中今回取り上げるのは、
iAUDIO U7にどんなイヤホンを組み合わせれば良いのかという話。

今までは"有線ピヤホン"で運用してきたが...


今まで私はiAUDIO U7の運用は"有線ピヤホン"こと、
Hi-Unit HSE-A1000PNで行ってきていたのですが、
なぜかここに来て欲が出てきたというのか、
「もっと良いイヤホンを付けたらどうなるのだろう?」とお思いだし、
BOSEのイヤホンを付けてみようと思い立ち、
メルカリでIE2 audio headphonesの新品の出品があった為、
これを装着したらどんな音になるのか気になって思わずポチりとしてしまいました。

私は今までもIE2のオーナーだった。


商品名が長いのでここからは単に"IE2"と書く事にしますが、
このイヤホンには私は長くお世話になってきました。

というのもウォークマンA16の時代から、
付属のイヤホンではなくこちらの方のイヤホンを愛用してきました。
ですが、このイヤホンって断線しやすかったりと、
少しの衝撃でも壊れてしまう脆さがあって、
新品を購入しても長くは使えないという致命的な問題がありました。

そこで、現在そのイヤホンの後継機は出ていないかと探してみましたが、
今では有線のイヤホンはiPhone用やAndroid用のみになってしまい、
機種に関係なく使えるのはワイヤレスのみとなってしまった為に、
「もうBOSEのイヤホンは使えないな」という気持ちになっていたのですが、
運良くメルカリで未開封・未使用の同型の機種を発見してしまいました。

「それならもう買うしかない」という気持ちにさせられ、
1万4,000円で購入する運びに至りました。

有線ピヤホンの特徴は?


有線ピヤホンも悪い所ばかりではなく、良い部分もたくさんあります。

1. わずか1,700円というコストパフォーマンス。
2. 圧倒的な解像度。
3. プライスレスな楽しさ。

とにかく、このイヤホンは税込みでも1,700円と大変お安くなっており、
その点でのコストパフォーマンスは他のイヤホンと比べたら高いものになります。
しかも、値段の割にチューニングがきっちりされているというのか、
音の解像度が高く、聴いてるだけで楽しい気持ちになってくるという、
価格の付けようがない様々な感情を呼び起こされてくれます。

「今まで聴こえなかった音が聴こえる」という感想を述べている人は多いですが、
流石にこのイヤホンは高級品という訳ではないですから、
私はそのような感情は抱きませんでしたが、
充分に音楽を楽しませてくれるそんなイヤホンでした。

IE2を再び使いたくなったのは...


まぁ、有線ピヤホンでも充分に満足していた訳なのですが、
ここでオーディオマニアというのか新たな欲が出てきてしまいました。

「iAUDIO U7を良いイヤホンに繋げばどんな音がするのだろう?」と、
純粋に新たな興味が湧いてきてしまいました。

IE2の良さはウォークマンで既に十分に味わっていましたので、
これを期にiAUDIO U7のイヤホンも変えてみようと思い立ちました。

まだ3日ぐらいしか使っていないですが...


まだ、IE2の方のイヤホンは3日ぐらいしか使用していません。
ですので、エージングなんて出来ていませんし、
有線ピヤホンとの比較はする事自体間違っていると思います。

どんなイヤホンでもそれなりの時間使わないと、
良さや悪さといった所はなかなか気付かないものです。

ですので、この記事では感想は書かないでおこうと思います。

今回の更新はこの辺で終わりにしておきたいと思います。


今回はiAUDIO U7にどのイヤホンが合うのか書いていきましたが、いかがでしたか?
ある通販サイトのページには「安いイヤホンの方が合う」とも書かれていましたが、
実際の所はどうなのでしょうか。私もとても気になる所です。

今回もお付き合い下さりありがとうございました。次回もまたお願いします。

この記事へのコメント